ページの先頭です

「かゆいところに手が届く! 多摩・島しょ自治体お役立ち情報」2023年度調査テーマの募集 (1回目)

[2022年7月5日]

2023年度「かゆいところに手が届く! 多摩・島しょ自治体お役立ち情報」のテーマ募集について(市町村職員対象)

当調査会では、多摩・島しょ地域の市町村が抱える広域的かつ共通的な行財政課題等の中からテーマを選定し、毎年度様々な調査研究を行っています。

2011年度からは、「かゆいところに手が届く! 多摩・島しょ自治体お役立ち情報」として、自治体職員が日ごろ知りたいと感じている身近な事項等について調査し、問題点や課題等を明らかにして、自治調査会ニュース・レター(2013年9月以前は、機関紙What’s New?)で公表しています。

2023年度の調査テーマを選ぶ際の参考としますので、取り扱うテーマについてご要望がありましたら、下記の要領でお知らせください。

要領

募集内容

他の自治体等の動向を把握したいと考えている身近な事項、タイムリーな行政課題等

募集期間

2022年7月29日(金曜日)まで

募集方法

「調査項目及び内容、所属市町村名・部課名、氏名」を記入し、Eメール又はファックスで(公財)東京市町村自治調査会までお送りください。

メールアドレス tama005@tama-100.or.jp

ファックス 042-384-6057

※送信時のタイトルに「かゆいところに手が届く テーマ要望」と記載してください。確認のため受信後3日以内(土曜日、日曜日及び祝・休日を除く)にご連絡します。


その他

・応募のあった意見を参考に、より多くの職員の方に役立つテーマを決定し、順次自治調査会ニュース・レターで公表します。

・市町村名は公表することがありますが、提案者の氏名は公表しません。

・市町村ごとに取りまとめる必要はありません。

・添付の様式をご利用ください。

・近年の調査内容につきましては、「かゆいところに手が届く!多摩・島しょ自治体お役立ち情報」をご覧ください。

 

■2021年度

・多摩・島しょ地域自治体の新型コロナウイルス感染症対策について

・個人情報保護制度の概要と今後の制度改正について

・ゼロカーボンシティから学ぶ職員一人ひとりの脱炭素行動

・公用車へのカーシェアリング導入について

・公立図書館のコロナ禍での運営について

・自治体のお金のこと、どれくらい知っていますか?~予算の原則と流用について~

■2020年度

・今までの働き方を振り返ろう!~新しい働き方について~

・企業版ふるさと納税「地方創生応援税制」について

・森林がない・少ない自治体が森林環境譲与税を活用するためのポイント

・認可保育所における使用済み紙おむつの回収処理について

・ネーミングライツの導入状況および事例について

・女性活躍推進法に基づく特定事業主行動計画について


■2019年度

・課題解決につなげよう~別府市「おくやみコーナー」・つくば市「RPA」の事例から~

・「指定管理者制度」について知っておくべきポイント 

・公金収納のキャッシュレス化推進について~戸籍住民窓口手数料から考える~

・メンタルヘルス不調者の職場復帰対応について

・子どもたちが自ら行うまちづくりについて

・マイナンバーカードの活用事例について



市町村職員の皆さんからのご提案をお待ちしています。

問合せ

公益財団法人 東京市町村自治調査会 企画調査部 調査課

電話: 042-382-7722 ファックス: 042-384-6057

問合せフォーム

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

ご意見は、今後の参考とさせていただきます。ありがとうございました。


「かゆいところに手が届く! 多摩・島しょ自治体お役立ち情報」2023年度調査テーマの募集 (1回目)への別ルート