ページの先頭です

TAMA市民塾 市民講師募集

[2017年7月31日]

TAMA市民塾 市民講師募集

 TAMA市民塾では、平成30年10月以降2年分の市民講師を募集します。
 ユニークで楽しさあふれる講座を企画のうえ、ふるって応募ください。

TAMA市民塾とは

 一般公募による講師とボランティア市民のスタッフ、そして塾生の協働により企画・運営される新しい生涯学習(楽習)の場として、多摩30市町村の全ての市民を対象に講座を開催しています。

 「講座はコミュニティ」を基本理念とし、市民交流と融和の精神で「知縁・共同体(コミュニティ)」の講座づくりを目指しており、市民塾講師の方々には“教えることは学ぶこと”の喜びと楽しさも享受していただいています。

応募資格

原則として多摩地域に在住・在勤・在学している方。
複数の講師による講座の開催も可能です。
語学希望の方は、資格証明書等がありましたらコピーを添付してください。

講座内容

「講座はコミュニティ」を目指す内容であれば分野は問いません。
ただし、特定の政党、宗教、営利活動にかかわる企画・内容では応募できません。

開講場所

 原則として多摩交流センター会議室を使用します。なお、他の会議室利用者に影響を及ぼす講座は、使用できません。多摩交流センター以外の場所での活動は、講師・塾生の自主管理の下で実施することができます。

開講期間及び回数

6ヶ月コース(月1回×6ヶ月と月2回×6ヶ月)、10ヶ月コース(月2回×10ヶ月)があります。1回2時間単位です(野外は別)。

開講時期

 今回の募集は平成30年10月から2年分の講座を予定しています。
 開講時期については、講師として採用された後、講座内容、曜日、時間帯、会議室など考慮の上決定し、各講師と調整させて頂きます。

塾生数

定員は、講義型32名、実技型26名、野外型26名を目安としてください。

選考方法

 TAMA市民塾において、厳正に選考します。提出された応募用紙をもとに一次審査書類選考と二次審査面談で行い、結果は応募者全員にお知らせします。面談日は平成29年11月の土曜日または日曜日を予定しています。詳細は別にお知らせします。二次審査の面談に参加できなかった場合、講師になる資格を失います。

応募方法

 各市町村窓口や市民センター等で配布している「市民講師応募用紙」に応募事項を記入の上、平成29年9月15日金曜までに郵送または直接多摩交流センターまで(土日、夜間、祝日は除く)お持ちくださいFAX・Eメールの応募は受付けませんのでご注意ください。
 また、以下のPDF形式の応募用紙をA4サイズの紙に印刷し、利用していただいても結構です(応募用紙は1と2がありますので、両方印刷・記入してください)。

「市民講師応募用紙」について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

☆参考☆ 「TAMA市民塾」募集案内

☆参考☆ 「TAMA市民塾」市民講師募集要項

お願い

 TAMA市民塾の運営は、すべてボランティア市民によって行われていますので、運営に関する業務を極力簡素化しています。そのため、選考方法の内容や結果などについては、電話等による問い合わせに応じることができませんので、ご了承ください。

その他

  1. 講師に採用されても開講時の生徒募集で15人以下の場合は原則開講できません。
  2. 講師に採用され講座を開講頂いた場合は、市民塾の規定により経費をお支払いします。
  3. 提出して頂いた応募用紙は返却いたしません。
  4. 提出して頂いた個人情報は、講師選考に関することのみに使用いたします。

応募期限

平成29年9月15日金曜(当日消印有効)

問合せ・送付先

〒183-0056
府中市寿町1-5-1府中駅北第2庁舎6階
多摩交流センター内 「TAMA市民塾」講師募集係

042-335-0111(月曜から金曜の午前9時~午後4時、祝日は除く)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

ご意見は、今後の参考とさせていただきます。ありがとうございました。