ページの先頭です

小平市 齋藤素巖・彫刻の小径

[2015年11月25日]

齋藤素巖・彫刻の小径をご紹介します

小平市 齋藤素巖・彫刻の小径

齋藤素巖は、大正元年から文展などに作品を発表し、数々の受賞を重ねた日本近代を代表する彫刻家の一人です。昭和18年に小平市に転居、昭和49年に84歳で亡くなるまで、小平市で制作活動をしていました。
小平市では、素巖の没後、遺族から寄贈された240点を超える石こう原型の保存に努めるとともに、およそ50点のブロンズ鋳造を行ってきました。作品の一部は小平市役所やルネこだいらなどに設置されています。
小平グリーンロードの小平駅から花小金井駅間の約2.6kmの緑道にも16基17作品が設置されていて、「齋藤素巖・彫刻の小径」として、行き交う人々の目を楽しませています。
みなさんもぜひいってみてください。

(「ぐるり39」No.027 2015年12月号 掲載)※最終ページで紹介記事と現地案内をPDFでご覧いただけます。

とっておき写真館

とっておき写真館では、当調査会の機関紙「ぐるり39~自治調査会だより~」に掲載した多摩・島しょ地域39市町村のとっておきの場所などを紹介していきます。

市町村別に「ぐるり39」発行に合わせて掲載していきます。ぜひ「ぐるり39」もご覧ください。

問合せ

公益財団法人 東京市町村自治調査会 総務部総務課

電話: 042-382-0068 ファックス: 042-384-6057

問合せフォーム

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

ご意見は、今後の参考とさせていただきます。ありがとうございました。


小平市 齋藤素巖・彫刻の小径への別ルート