ページの先頭です

府中市 東京都多磨霊園

[2015年4月1日]

東京都多磨霊園をご紹介します

東京都多磨霊園

東京都多磨霊園は、大正12年に東京都が都市計画の一環として造成した、わが国初めての公園墓地です。面積はなんと128万平方メートル(39万坪)もあるそうです。開設当初、武蔵野の自然をなるべく残すように設計されたため、実際に墓所として使っている面積の割合は全体の半分以下で、緑の多い静かな環境が保たれています。桜の名所としても知られていて、花見時にはたくさんの人でにぎわいます。
埋葬者はおよそ42万柱といわれていて、軍人、政治家、作家など多くの著名人が眠っているそうです。中でも“芸術は爆発だ”のセリフでもおなじみの芸術家・岡本太郎氏の「午後の日」という作品を使用した墓石(右の写真)や漫画家・田河水泡氏の「のらくろ」の立像付き墓石などは、墓マイラーたちに人気のスポットです。それぞれの時代や業績、作品などに思いをはせながら、一つ一つ捜し歩いてみるのも素敵ですよね。
みなさんもぜひ行ってみてください。

(「ぐるり39」No.019 2015年4月号 掲載)※最終ページで紹介記事と現地案内をPDFでご覧いただけます。

とっておき写真館

とっておき写真館では、当調査会の機関紙「ぐるり39~自治調査会だより~」に掲載した多摩・島しょ地域39市町村のとっておきの場所などを紹介していきます。

市町村別に「ぐるり39」発行に合わせて掲載していきます。ぜひ「ぐるり39」もご覧ください。

問合せ

公益財団法人 東京市町村自治調査会 総務部総務課

電話: 042-382-0068 ファックス: 042-384-6057

問合せフォーム

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

ご意見は、今後の参考とさせていただきます。ありがとうございました。


府中市 東京都多磨霊園への別ルート